HOME > BLOG > KURAKUのカリキュラムってどんな感じなの!?/求人/新卒募集/美容学生/アシスタント募集

BLOG

< KURAKUのカリキュラムってどんな感じなの!?/求人/新卒募集/美容学生/アシスタント募集  |  一覧へ戻る  |  かなり久しぶりに新宿を堪能しました >

KURAKUのカリキュラムってどんな感じなの!?/求人/新卒募集/美容学生/アシスタント募集

こんにちは!
(株)KURAKU採用担当の高橋です。

今回は私達の会社の【カリキュラム】について

お話していきたいと思います。




美容学生さん!
就職したらどれくらいでスタイリストになれるのか!

↑気になったりしませんか!?

1年、5年、、、、とサロンによって様々です。

「入社して1年が過ぎて、全ての技術をマスターして

バリバリお客様のカットをしている姿が全く想像できない。

デビューまでが早すぎるのもなんだか不安・・・・」

「何年もアシスタントはメンタルが持たない。

もう少し早くスタイリストになりたい・・・・

周りはもう指名が沢山ついているのに・・・って

取り残される未来は嫌かも・・・・」

いつ、どれくらいで自分がスタイリストデビューが出来るのか。

とっても大切な事ですよね。

もちろん、ヤル気!練習量!自分次第!といった部分も正直あります。

何といっても美容師は技術職ですから。

でも皆さんがスタイリストになるためにKURAKUの先輩たちは

全力で教えますし、全力でサポートしますので安心してください!!




KURAKUは2年半~3年でスタイリストデビューを目指します!

毎年、時代の流れに合わせてカリキュラムの改正や、

レッスンについて見直し、アシスタントのみんなが練習に対して

ネガティブに感じる部分が少なくなるように話し合いをし、

より良い方法に変えたり工夫を重ねています。

練習時間やプライベートの時間、どちらも大切な時間だからこそ

スタッフ全員が充実できるような仕組みを作っています。




さて、ではカリキュラムですが

実際どのような内容なのかを簡単に説明していきます。


まずは入社前、事前に課題をやってもらいます。

え、課題!?面倒だな・・・と思った方!

そこまで大変なものでは無いので安心してください!(笑)

内定が決まったら、パーマ(パーパス)の課題を練習してもらいます。

入社してすぐパーパスの試験を受けてもらいます!!


なぜシャンプーではなくパーパス!?って思いましたよね(笑)

理由としては、美容学生のうちに練習して手が慣れているうちに

早くクリアしてしまおう!!!!という理由が1つ!

(運が良ければ国家試験でひたすらパーマの練習を繰り返しているはず!
そしたら手が慣れているし受かりやすくなるかも!?)

もう一つの理由としては、入社して何の技術も出来ないのって

ちょっぴりつまらなくありませんか!?

合格さえしてしまえばシャンプーが出来なくても、

先輩の指示のもとある程度のパーマには入客できます!

ちょっと美容師っぽくてサロンワークが少し楽しくなるはずです!




そして、

シャンプーやスパ等の水回りの技術



カラーリング
ホイルワークも学べます!

ブロー

パーマ
パーマも色んな種類があるので、パーパス以外のものを学びます。

カット


の順番で進んでいきます!!

レッスン時間は、現在朝練習がメインで行っていて、

営業時間中の練習も可能となっています!(予約状況次第)

夜は基本的には自由です!遊びに行く子もいれば自主練する子もいます。


また、ヘアメイク、着付けなどの特殊技術の取得も可能です!



撮影に興味がある方も、積極的に出来る環境を作っていますので

好きな作品を自由に出来ます!!



今年もコロナの影響でなかなか東京に来ることが難しいな~・・・

と感じている方がたくさんいらっしゃると思います。

ブログを見てKURAKUに少しでも興味を持ってくださった方、

ズーム、お電話、メールでも構いませんので是非一度お話ししましょう!


お問い合わせお待ちしております!!





KURAKU笹塚店 @969_kuraku 
【住所】東京都渋谷区笹塚1-44-4
【電話】03-6407-4969

KURAKU羽根木店 @kuraku_hanegi 
【住所】東京都世田谷区大原2-3-1 カクシンビル1F
【電話】03-6379-3979

MIRUCO  @miruco_365 
【住所】東京都中野区南台2-29-3
【電話】03-6304-8653 






< KURAKUのカリキュラムってどんな感じなの!?/求人/新卒募集/美容学生/アシスタント募集  |  一覧へ戻る  |  かなり久しぶりに新宿を堪能しました >

このページのトップへ