HOME > BLOG > アーカイブ > 鈴木

BLOG 鈴木

KURAKUお悩み相談Vol77~肌荒れが気になる

肌荒れを引き起こす原因とは

季節の変わり目に伴う乾燥や、体調がよくない時、心身ともに疲れている時などに現れる肌荒れ。
カサつきやゴワつき、粉ふき、ニキビ、赤み、ヒリつきやかゆみなど、その症状はさまざまですが、原因もさまざまです。


 

紫外線

紫外線は日焼けやシミの原因になるだけではなく、肌にダメージを与えてバリア機能を低下させてしまいます。
紫外線が降り注がない日はないため、季節を問わず
日焼け止めを塗りましょう。

また紫外線にはUV-A UV-Bがあります。
「生活紫外線」とも呼ばれる
UV-Aは、窓ガラスを透過するため、室内や車の中でも油断は禁物ですよ。

「レジャー紫外線」とも呼ばれるUV-Bは、肌に急激に作用して赤みや炎症、乾燥の原因になります。


乾燥

冬の外気やエアコンによる湿度の低下によって、皮脂の分泌や角層の水分が減少。バリア機能が低下しやすくなります。


バリア機能の低下

私たちの体を覆っている皮膚には、ちりやほこりなどの異物の侵入を防いだり、肌内部の水分蒸散を防いだりする役割があります。

このバリアの役割を担っているのが、皮膚のいちばん外側にある「角層(角質層)」です。
すこやかな角層は、天然保湿因子(
NMF)が角層細胞の水分をキープ。
角層細胞の間は「細胞間脂質」で満たされ、ぴったりと隙間のない構造をつくっています。
さらに角層の表面を、皮脂と汗からできた「皮脂膜」が保護。これらの条件がそろうことで、バリア機能が働きます。

ところが、バリア機能がなんらかの原因で低下すると、外部刺激が浸入しやすい状態に。
肌の水分量も減少し、肌荒れが起きやすくなります。


間違ったスキンケア

汚れをしっかり落とそうと、肌をゴシゴシこするように洗っていませんか? 
肌を清潔にすることは大切ですが、強く摩擦するとバリア機能が低下する原因に。
時間をかけすぎたり、必要以上に何度も洗顔したりするのは避けましょう。

また「化粧水や乳液をしっかり浸透させたい」と、化粧水をつける時に強くパッティングしたり、
乳液をすりこんだりすると、刺激を与えてしまいかえって肌に負担がかかってしまいます。不要な刺激を与えないように注意してくださいね。


生活習慣の乱れ

生活習慣が不規則で睡眠不足になると、血流が低下。また偏食や無理なダイエットなどで栄養不足になると、
すこやかな角層細胞が育ちにくくなり、バリア機能の低下につながります。


内臓の不調

身体の不調は、肌の不調としても現れがち。例えば、腸内環境の悪化は便秘につながります。
便秘になると、排泄されない老廃物が発酵して有害物質(毒素)が発生します。
この有害物質がにきびや吹き出物、シミの原因に
...
また、有害物質は新陳代謝を低下させ、血液循環の不調を引き起こします。
結果的に、肌荒れを起こしたり、ツヤやハリ不足になってしまうことも。


生理周期による皮脂分泌の増加

女性の場合、排卵後から月経前までは黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンが分泌されます。
その影響で皮脂の分泌が活発になり、毛穴が詰まってニキビや吹き出物ができやすくなったり、肌荒れしやすくなったりします。。


活性酸素の影響

紫外線や大気汚染、精神的なストレスなどを受けると、肌の内部では活性酸素が発生しやすくなります。
活性酸素は本来、私たちの体を守る働きを担うもの。
ただし、増えすぎると肌細胞が酸化を引き起こし、肌荒れが起こりやすくなってしまいます。


肌荒れを治す方法はあるの?

では、起きてしまった肌荒れを治す方法はあるのでしょうか。スキンケアでは肌荒れを治すことはできないのですが、
日ごろから正しいスキンケアを心がけ、肌のバリア機能をキープすることで、肌荒れしにくい肌環境を保つことはできますよ! 詳しく見ていきましょう。


洗顔・クレンジングの見直し

まずは、洗顔やクレンジングの方法について見直しを行いましょう。
毎日の洗顔では、汚れをきちんと落としつつ、肌に余計な刺激が加わらないよう行うことが大切。

石鹸や洗顔料はよく泡立て、泡で肌を包み込むようにして洗うと、指の刺激を肌に伝えることなく洗うことができます。
すすぎはぬるめのお湯で、泡が残らないようていねいに洗い流しましょう。
洗顔後は清潔なタオルで、こすらず押さえるようにして、水気をやさしく吸収させます。

クレンジング剤は、使用量が少ないと肌への摩擦が大きくなります。
適量を顔に伸ばし、指先でらせんを描くようにメイクとなじませてからすばやく洗い流しましょう。
指先には力を入れず、あくまでも軽いタッチをキープ。
ついゴシゴシこすり洗いしてしまいそうなアイメイクや口紅などのポイントメイクは、専用のリムーバーであらかじめ落としておきましょう。

 

生活習慣も合わせて見直しを

睡眠不足や体調不良など、身体の健康状態が肌にも影響することはすでに紹介したとおり。
すこやかな肌を取り戻すためにも、生活習慣を見直してみませんか?

しっかり睡眠を取る

肌の細胞が入れ替わり、生まれ変わる「ターンオーバー」は、睡眠中に活発に行われています。
なかでも、眠りに落ちてすぐの「ノンレム睡眠」の時に成長ホルモンが盛んに分泌されることが大切。

睡眠の質を高めるには、毎朝決まった時間に起きてしっかり朝食をとりましょう。
就寝前は、睡眠の質を低下させる飲酒や喫煙、ブルーライトを発する電子機器などの使用を控えること。
体温が下がると自然な眠気が訪れやすくなるため、就寝の
12時間前に入浴をすませ、一度体温を上げておくのがおすすめですよ。

バランスのよい食事を心がける

肌や身体を作るタンパク質を基本に、ビタミンや食物繊維が豊富に含まれる野菜など、さまざまな食材を摂りましょう。
特に、ビタミン
C(レモンやキウイ、赤ピーマンなど)やβ-カロテン(ニンジンやほうれん草、かぼちゃなど)は肌や粘膜をすこやかに保つ働きがあるほか、
活性酸素から身体を守る抗酸化作用も。

ニキビが気になる時は、
皮脂の分泌を調整するビタミン
B1(豚肉、うなぎ、たらこなど)やビタミンB2(うなぎや卵、納豆、乳製品など)、
ビタミン
E(アーモンドや植物油、アボカドなど)がおすすめです。

 

肌荒れを予防するスキンケアのポイント

これまで見てきたとおり、肌荒れはうるおいバリア機能の低下により起こりやすくなります。
毎日のスキンケアでは、うるおいに満ちた角層を育むことを意識! 化粧水や乳液で丁寧に保湿ケアを行いましょう。

化粧水と乳液は、適量を顔全体にやさしくなじませます。
コットンを使うと顔のすみずみまでムラなく行き渡らせることができますよ。
肌が敏感になっている時は、手のひらを使って、顔全体になじませましょう。


スキンケア化粧品の選び方

化粧水は、肌に水分を補給し、柔らかくする役割があります。また、次に使うスキンケアのなじみをよくしてくれます。
一方
乳液には、油分を補給してうるおいを守るだけではなく、うるおいバリア機能をサポートする役割があります。
それぞれにきちんとした役割があるので、きちんとしたステップで使ってくださいね。

「ベタつくから」と乳液を使っていない人、「乾燥が気になるから」と化粧水よりも乳液やクリームばかりを塗りこんでいた人は、
スキンケア化粧品の使い方を見直してみましょう。

特に乾燥が気になる時は、コットンを割いてコットンパックをしたり、
化粧水クリームなどをプラスしてみましょう。集中ケアできるシートマスクなど、スペシャルケアもおすすめです。

ニキビや吹き出物が心配...という人は、
コメド(ニキビのもと)ができにくいことが試験で確認されている
「ノンコメドジェニックテスト済み」「ニキビのもとになりにくい処方」
と明記された商品から選ぶ方法もありますよ。


肌荒れが気になる時のメイクは?

肌荒れがひどい時は、メイクをしていいものか悩むことがありますよね。
ファンデーションのノリがよくなかったり、肌荒れをメイクでごまかそうとして、つい厚塗りになってしまったりすることも
...

肌荒れ気味の肌は、バリア機能が低下し、紫外線や外気の乾燥、ホコリなど、外部の刺激に弱い状態です。
そんな時は、肌荒れをケアし、ニキビを予防する薬用有効成分が配合され
たファンデーションを選んでみましょう。

 

いつものスキンケアをやさしくていねいに行えば、肌はきっと応えてくれるはず。
生活習慣も、できることから少しずつ見直して、すこやか肌をキープしましょう!

 

 

また韓国にハマってます!!

こんにちは

 

 

男のカッコイイ探します!

 

男のモテ髪研究家

 

 

鈴木達成です 

 

鈴木達成の自己紹介 https://www.kuraku969.com/blog/entry/post-465/ 

 

 

求人ブログ

 

https://www.kuraku969.com/blog/entry/post-901/


また韓国にハマってます!!の続きを読む

KURAKUお悩み相談Vol75~朝シャンは自然乾燥は髪を傷める?

朝シャン自然乾燥は髪を傷める!

夏にありがちな髪の乾燥の原因


 

生活習慣や室内環境によっては、湿度が高い夏場でも頭皮や髪が乾燥してしまうことがあります。

たとえば、朝シャンしてから髪を自然乾燥させると、頭皮や髪の水分は失われやすくなってしまいます。

ここでは、夏にありがちな髪の乾燥の原因と、それぞれの対策方法についてご紹介します。


 

朝シャンからの自然乾燥をしてはいけない理由

 

夏は日差しが強く髪の乾きが早いため、朝シャンをしてから髪を自然乾燥させる方は少なくありません。
しかし、髪を自然乾燥させると、髪や頭皮に大きな負担をかけてしまうことになります。

髪や頭皮が濡れていると、雑菌が繁殖しやすい環境になっています。
そのため、自然乾燥をさせている間に多くの菌が繁殖してしまい、炎症などの肌トラブルにつながる恐れがあります。

 また、髪のキューティクル(髪の表面にある薄い層)は、濡れた状態にあるとダメージを受けやすくなります。
紫外線によるダメージが抜け毛や白髪の原因になるケースもあるため、洗髪をした後にはきちんと髪を乾かすようにしましょう。


過剰なシャンプーにも注意しましょう

 

夏は汗を多くかくため、1日に複数回シャンプーをするような方が見られます。

しかし、過剰なシャンプーは頭皮や髪のダメージの原因になることがあります。

また、
11回のシャンプーであっても、強い力を入れてゴシゴシ洗うと頭皮や髪はダメージを受けてしまいます。

したがって、シャンプーの回数は夏場でも11回に抑え、シャンプーをする際には優しく洗うことを意識しましょう。

指の腹を使い、頭部全体を優しくマッサージするように洗えば、力を入れなくても汚れをしっかり落とすことができます。

肌だけでなく、頭皮にも紫外線対策が必要です
 

肌と同様に、頭皮も紫外線によるダメージを受けます。
頭皮に強い紫外線を浴びると細胞が少しずつ破壊されてしまい、老化現象が生じるとされています。
そのため、紫外線が強い夏場には頭皮にも紫外線対策を施すことが大切です。

スカーフを頭に巻いたり、帽子をかぶったりすれば太陽の紫外線を遮断することができます。
スカーフや帽子に抵抗のある方は、外出時に日傘を使用するとよいでしょう。

 また、ヘアクリームやヘアオイルの中には、紫外線を防止する効果を期待できる製品が見られます。

そのような製品を探し、外出する前に頭皮や髪に使用してみましょう。

エアコンの設定に注意しましょう

エアコンの設定を「ドライ」にすると、室内の湿度が極端に下がってしまうことがあります。
乾燥した室内では頭皮や髪の水分も失われやすいため、エアコンをドライ設定で長時間稼働させないことが大切です。

職場で除湿がかけられている場合には、小型の加湿器の使用を考えてみましょう。


デスクに置くことができるサイズの加湿器を選べば、周りの方に迷惑をかけるリスクを抑えられます。

乾燥した日が多い冬場にヘアケアを重点的に行う方は多く見られますが、夏場にも油断してはいけません。

紫外線や室内環境に注意しながら、自分の頭皮や髪を乾燥から守っていきましょう。

 

 

KURAKUお悩み相談Vol73~知らないうちにやっている?カラーの色落ちの原因?

知らないうちにやっている?

カラーの色落ちの原因?


 

IMG_4314.jpeg

 

カラーの色落ちは、ダメージによってキューティクルが開いてしまい、髪の毛が色素を保持できなくなってしまうために起こります。

代表的な色落ちの原因にシャンプーによるものがありますが、それ以外にも毎日の習慣の中に色落ちの原因となるものが潜んでいます。

 

IMG_4315.jpeg

 

カラーの色落ちはキューティクルの開きから

髪の毛からカラーが落ちてしまうのは、髪の毛が色素を保持することができず、
開いてしまったキューティクルから栄養分とともに流れでてしまうことによって起こります。


髪の毛を染めた後に強すぎる洗浄力を持つシャンプーを使っていると、
驚くほどの速さで色が落ちてしまうこともあるためカラーケア用のシャンプーがあるほどです。


しかし、シャンプー以外にもキューティクルがダメージを受けてしまい、
髪の色落ちの原因となってしまう行為があるので気をつけなければなりません。

 

毎日のドライヤーが色落ちの原因にも