HOME > BLOG > お悩み解決通信 > KURAKUお悩み相談Vo l 57~ヘアケア 『ホームケアってどうすればいいの?』~

BLOG

< stay HOME(自宅で出来る応急処置リタッチカラー)ブログ 前髪カット カット カラー  |  一覧へ戻る  |  私のおうち時間 >

KURAKUお悩み相談Vo l 57~ヘアケア 『ホームケアってどうすればいいの?』~

皆さんはお家で出来る正しいケアの
仕方を知っていますか!?

髪の毛を綺麗に保つ為には自分自身でする
ホームケアが何より大切なんです。

1〜2ヶ月に1度の美容室でのケアと、
30日〜60日のセルフケアの時間とでは
圧倒的に自分で髪の毛を触る時間の方が
長い事がわかります。

例えば、美容室での最高級トリートメント。
最初の5日間で効果が無くなる感覚、、、
きっと皆さん一度は経験あると思います。
これは普段使用しているシャンプー剤や
洗い方など、髪の毛の扱い方の問題が
大きく関わってきます。
なぜなら、ドラックストアで売っている
シャンプーは洗浄力が強く、
トリートメント剤で髪の毛の中に入れた
栄養などをも洗い方流してしまうからです。

シャンプーするたびに髪の毛は 傷んでいくのを知っていましたか!? 髪の毛はアミノ酸という ケラチンタンパク質から出来ています。 タンパク質の中でもグルタミン酸と言う アミノ酸が水分に溶けやすいので、 シャンプーするたびに流れ出ていきます。 私たちが美容室でみなさんにオススメ しているシャンプー剤は、洗浄力が優しく 弱いシャンプーなので、流れで行く成分の 量を少なく抑えたり、流れ出た成分を補給 してくれたりするんですよ! 洗浄力が優しいので、 頭皮を痛ませてしまう心配もありません。 日々のシャンプーがホームケアで とても大事になってきます! 使っているシャンプーや、洗い方で 髪がカサカサになってしまうし、 艶が出る綺麗な髪にもなるんです!! 皆さん一度ご自身のシャンプーを 見直してみてはいかがでしょうか?!

カテゴリ:

< stay HOME(自宅で出来る応急処置リタッチカラー)ブログ 前髪カット カット カラー  |  一覧へ戻る  |  私のおうち時間 >

同じカテゴリの記事

KURAKUお悩み相談Vo l 64~前髪がうねってしまう!お悩みの方へ~

こんにちは!

MIRUCO マチダです!


KURAKUお悩み相談Vo l 64~前髪がうねってしまう!お悩みの方へ~の続きを読む

KURAKUお悩み相談Vo l 63~硬くて太くて量が多い方におすすめのシャンプー~

髪が硬くて太くて量が多いと髪がまとまりづらいですよね・・・

そんな方に髪がまとまりやすくなる方法を3つ紹介します。




①スタイリング剤を使う



スタイリング剤を使用することで髪の広がりを防いでくれます




②ドラーヤー前とドラーヤー後にヘアオイルを使用する



毎回ドライヤー前後にオイルを使用することで髪がまとまりやすくなります。

※オイルのつけすぎには注意してください。
 オイルを掌でしっかり伸ばして、毛先を中心につけて下さい。




③髪にあったシャンプーを使う

毎日使うものだからこそ、自分の髪にあったものを選びましょう。

市販のシャンプーはあまりおすすめしません。。。

サラサラタイプやしっとりタイプなどの区別はありますが、誰にでも使えるように作られています。

洗浄力が強すぎるので、頭皮がかゆくなったり、髪に必要な成分まで洗い流してしまったりします。

KURAKUで扱っているシャンプーで一番適しているシャンプーは、



アジュバンのPrutinum(プラチナム)というシャンプーです。

ダメージケア、まとまりに特化したシャンプー&トリートメントです。

シャンプー 300ml ¥2,860(税込)
トリートメント 250g ¥3,520(税込)

ぜひお試しください!!

KURAKUお悩み相談Vo l 57 ~ブリーチカラーの色味がすぐ抜けてしまう~

ブリーチカラーってかわいいですよね!!


透明感もしっかり出て高発色、トレンドカラーも


ブリーチカラーが多い中大学生や専門学生の方など特に


ブリーチカラーしてみたい!もしくは


今現在やってるよ!という方も多いのではないのでしょうか!



とってもかわいいカラーが出来るブリーチカラーですが


やはりデメリットもついてきてしまいます、、、、。


その中でもよくあるお悩みがせっかく色を入れたのに


あっという間に色が落ちてしまうというお悩みです!!


こちらのお悩みなのですがまずブリーチとは通常のカラーに比べ


かなりダメージをともなう施術になります。


ダメージと比例してどうしても色抜けは早くなってしまいます。。。


ではどうしようもないのでしょうか?


そんなことはありません!もちろんワンカラーに比べると抜けは早いですが


少しでも褪色を抑える方法をご紹介します!!!


まず一つ目が入れる色味の選定です!


今もなおアッシュカラーやグレージュカラーなどの寒色系が


流行っていますが色持ちを優先するのであれば暖色系のほうが


おすすめです!!


暖色カラーも沢山かわいい色味がありますよ!


色持ち優先するのであれば一度チャレンジしてみてもいいかもしれませんね!!


また、濃い目にカラーを入れてあげるのも一つの手段です!


明日、明後日にこの画像の色にしたい!!!など急を要さない場合は


目安の色味よりも濃く入れてあげて徐々に色落ちを楽しみ最終的に


目的の色味に持っていくという方法もあります!!


そしてカラー後に大事になるのはしっかりダメージケアを


することです!!ダメージケアをせずほおっておくと


ダメージ部分からどんどんカラーの色味は流れ落ちて行って


しまいます。


しっかりトリートメントなどで修復してあげて


カラーの色味の流出を防いであげましょう!!


ブリーチ後のカラーはどうしても抜けやすいです、、、




しかし対策はできるので色落ちが気になる方、


一度試してみては如何でしょうか!!!







KURAKUお悩み相談Vo l 56~スキンケア 『紫外線から守るものは肌だけではない!』~

皆さんは
お肌のお悩みで何が一番気になりますか??

調査をしてみると、一位が乾燥や、日焼けとゆうことがわかりました。。。


普段は、お風呂から上がったあと、
しっかりスキンケアされてますよね??



また日中は、日焼けをしたくない!と、
下地、ファンデーション、パウダーなどと、しっかりケアされていると思います。


その際、リップもきちんと日焼け予防などしてますか??







ただリップを塗るだけでおわってませんか??



皆さんお肌の保湿は頑張っていますが、夜寝る前や日中など、リップクリームでの保湿を忘れてるかたって結構いらっしゃるんです…


唇は、肌などに比べると、皮脂腺がないので、一番乾燥しやすいんです!


そうすると、
唇もこのように感想して皮が剥けたり、、、







本来の唇の色味が薄くなってきたり、、、









そして、癖で無意識に唇を舐めてしまう方もいますよね??
あと乾燥して潤すために舐めたりなど(._.)





実はそれもNG!!!




逆効果なんです!!





唇を舐めると、一時的には潤ったようにみえますが、唾液が乾くのに伴って唇の水分も蒸発するので、かえって乾燥してしまいます。 


また、唾液の中に含まれる消化酵素が刺激となり、角質のバリアーが破壊され荒れを助長してしまうんですヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3





無意識にしてたことが、このように悪化させてたとは恐ろしいですよね…





今は日中の口紅に保湿成分が入ってるものもありますが!!

外国製のものでは、口紅で乾燥したり、荒れちゃう方もいらっしゃいます。




なので!!




口紅を塗る前は、荒れないように下地や、
塗るものも、SPFが入ってるものなど、紫外線対策をしっかりしてあげましょう!!

KURAKUお悩み相談Vo l 55~黒染めするって言うと何で美容師さんは止めるの?~




突然ですが、
皆さんは黒染めをしようとして
担当の美容師さんに止められた事ないですか?
または、美容師さんに「以前黒染めをされた事あります?」など
カウンセリング時に、毛髪診断後に確認された事は無いですか?





では最初に
市販の黒染めと美容院の黒染めの違い
一体何が違うのでしょう。
「黒だから一緒でしょ」
「美容院に行くと高いから自分でしちゃってもいいよね?」
なんて担当の美容師さんに聞いたら
「今後一生カラーしないのであれば…」や
「黒染めは絶対にやめたほうがいい!!」
「今後明るくする時に支障がでますよ」など
返答が来た事があると思います。

では、なんでそんなに止められるを説明します。


①明るくしたときに赤味がかなり強く出る
市販の黒染めは、市販のカラー剤全てのもに言えますが
失敗を防ぐ為にどんな色の人でも確実に黒くするように作られています。
そのため、ヘアカラーに大事な3原色の「青」「赤」「黄色」の
色素がたっぷり入っています。






黒染め後に、「やっぱり飽きて来たから明るくして下さーい」となると たっぷり入った色素を綺麗に取り除くには、 今のところブリーチで脱色する方法が一番適しています。 ※ブリーチをしなと明るくなりません! その方法で明るくはなるのですが… 1回のブリーチだと赤味が強く残るので、2~3回はブリーチしないといけません。 2)市販の黒染めはかなり傷む 先程も言った通り市販の黒染めは、元がどんな色の人でも確実に黒くするように作られており 薬剤のパワーが強めに設定されている事が多いです。
髪は黒く染まりますから傷んで見えにくくなりますが実際はかなりのダメージが出る場合があります。]


3)次に明るくしたい時に、どうしてもムラになる

自分で黒染めをするときに、どんな手先が器用な人でも、均一に薬剤を塗るのは至難の業です。

一見上手く染まってるように見えても、内側や後ろの方はムラで染まったりしています。

またカラー剤の量が均一に塗られて無い場合

濃く染まってるところ、薄く染まっているところが混合するので

そのまま明るくすると、100%ムラが出来きます。

 

次回のカラーにかなり悪影響を与えてしまうのです

 

1番の障害は【明るくなりにくい・色が入りにくい】ということです。

黒染めされてる方は色の染料がかなり濃く残っている場合が多いです。

ロングの方だと、2年前の黒染めが残っている・・・

なんてこともあるくらいです。

市販の黒染めの履歴がある方は赤味が出やすいので注意が必要なのです。


 




 

ではなぜ美容室で染める場合

まず

「髪を元の色位暗くして下さい!」とオーダーすると

 

ほぼ100%の確率で理由を聞かれると思います。

なぜ染めるのか?

面接があるのか、或いは入学式や入社式など

 

そこで黒染めについて色々と説明があり

 

今後もずっと髪の毛は黒のままで良いのであれば

髪の毛のダメージを考慮した上で施術してくれると思います。

 

 

または今月のみ髪を暗くしたい!など

期間的である場合は、なるべく次のカラーに支障が出ないよう

黒に近い暗いカラーも可能なのです。

 

 

 

 

暗くするなら自分でやるのが手軽で、安いからやっちゃぇーーー

勢いてやっちゃうと大変な事になるので

 

暗くする!

黒くしなきゃ行けない!!

 

そんな時こそ、高い代償にならぬよう

美容室で染めるのをオススメします!!



  

このページのトップへ