HOME > BLOG > お悩み解決通信 > 悩み相談Vol66~ブリーチした髪の毛にセルフカラーしたら緑になるのはなぜ?

BLOG

< 映画三昧  |  一覧へ戻る  |  ダメージの主な原因 >

悩み相談Vol66~ブリーチした髪の毛にセルフカラーしたら緑になるのはなぜ?

美容室でブリーチをして
なかなか行く時間がないからと
お家でセルフカラーをして失敗した事ある方は多いと思います!

特に!グレージュやネイビー系のカラーにしようとして


カラー剤を塗り、ウキウキで流してみたら…… あれ? 緑になっちゃった!!!!という経験ないですか? でも緑のカラーをしていないの… 何で?? その原因は色彩理論にあります!!! まずカラーをする際に気をつけなくては行けないは ヘアカラーといのは絵の具と全然違います! 白いキャンパスに絵を書く時を想像して下さい! 白のキャンパスに青の絵の具を塗ると? 「青」になりますよね? しかーーーーし!! よく考えてみてください! 寒色系のカラーをする時に、ご自身の髪の毛は白いですか?
そうなんです!!
白では無いのです!!!!


いくらブリーチをしても、ほんのり黄色いので
美容師さんはそこを考慮した上で
カラー剤を作っています!

ではイメージしやすく





こちらは色の組み合わせ表です!

 

 

黄色と青を足すとどうなると思いますか?

 

 

 

 

「緑」です!!!!!!!!

 

 

 

 

じゃどうすれば良いんだよ!!ってなりますが

 

 

そこは黄色を薄くする色味があります!

 

 

こちらの図をご覧ください。






この図に書いてある
反対色という色にご注目下さい!


色の理論としては
邪魔な色の反対の色を使うと
薄める事が出来ます!


なので寒色系の場合

紫色を少し足します!


じゃ今度自分でカラーする時は紫を少し入れれば良いんでしょ?



大きな間違いです!!!!




どの位の黄色に、どの位紫色で調節するかは

カラーを塗る前の髪の毛の色味で、
微調整しながら、紫色を足さないと

失敗の原因になります!!



なので、ブリーチカラー後のカラーは
美容室でする事をオススメします!



どのカラーが私に似合うのかな?
カラーがいつも思い通りにならない…


そんなお悩みの方はKURAKUにお任せ下さい!!

カテゴリ:

< 映画三昧  |  一覧へ戻る  |  ダメージの主な原因 >

同じカテゴリの記事

ジアミンって何?

ジアミンとは?



 

少し難しい名前ですが、ここでいうジアミンとは「パラフェニレンジアミン」という酸化染料の略称です。

一般的なカラー剤のほとんどに含まれている成分です。

美容室でのヘアカラーの他、ドラッグストアなどで販売されているカラー剤にもほぼ含まれています。

一般的なカラー(アルカリ性カラー)の場合、1剤・2剤という2つの薬剤を使います。

1剤に含まれる「アルカリ」と2剤に含まれる「過酸化水素水」が反応する際に、

髪内部の色素を脱色&染色することで髪の色を変えられる仕組みになっています。

一般的な日本人の髪色で例えるなら、元々の黒色を脱色しつつ、新たな色を入れるという2つの働きを行います。

この時、ジアミンを始めとする染料同士が髪の中で結合し、元のサイズよりも大きくなります。カラー剤を髪の中に閉じ込めるイメージです。

つまり、ジアミンとはシャンプーをしたくらいでは取れないしっかりしたカラーを行う際に必要になる成分なのです。

 

 

カラーに不可欠なジアミンですが、

残念ながらアレルギー症状を引き起こす可能性がある成分としても知られています。

カラー剤が染みる、頭皮がかぶれる、赤くなる、気分が悪くなるそんな症状のある方は、もしかしたらジアミンにアレルギー反応を起こしているかもしれません。

 

 

ジアミンアレルギーは、軽いものだと染めている最中やその後に少し影響が出る程度で収まりますが、

そのままカラーを続けると動悸・呼吸困難・嘔吐といった症状から死に繋がることもある重大なアレルギー症状「アナフィラキシーショック」を引き起こす可能性があります。

そのため、疑わしい症状がある場合はまず皮膚科できちんと診察してもらうことが一番大切です。

 

 

こうした反応が起きる理由は、

他のアレルギー症状と同じで、

人体に備わっている免疫システムが過敏に反応することにあるようです。

ではなぜ反応してしまうか?というと、

「定量を超えると発症する」

「体調不良の時の接触が危ない」

など諸説あり、

正確に判断することは難しいです。

特にアレルギー体質というわけではない方や、

すでに何度もカラーをしたことがある方でも「ある日突然」カラー剤にかゆみやかぶれを起こしてしまうというのがジアミンアレルギーの特徴。

詳細なメカニズムはわからない部分も大きいですが、

触れる回数が多ければその分確率も上がってしまうことは確実といえそうなので、

発症する前にできる限りの対策をする(あるいは美容室でできることをしてもらう)、

少しでもおかしいと思ったら病院へ行く、

というのは心がけて損はないはずです。

 


ジアミンって何?の続きを読む

KURAKUお悩み相談Vo l 65~ヘアケア~パーマが失敗してしまった~


皆さんはパーマを失敗してしまったご経験はございますか??




パーマは髪の毛に大変な負荷がかかりますので
自分の髪の毛がキレイでないと
自分が思っているようにはかかりません。

ブリーチ毛などのハイダメージ毛に
パーマをかけるのなんてもってのほかです。

というのも、
ハイダメージにかけた場合のパーマの仕上がりというのは
美容師自身もどうなるかわからないほどハイリスクなのです。

そういったお客様には
パーマをかけることを
美容師は100%でお断りをするでしょう。

ですので、そういった場合
担当者の美容師との意思疎通が必要不可欠です。

不明点や不安点がある場合は
お気軽にお申しつけくださいね!


では、パーマが失敗してしまったあと
そういったことをすれば良いのか。
それをお教えしようと思います。



1.とにかくトリートメントをサロンでする

まず髪の毛に失った栄養を補給することが大事です。
特に髪の毛にコーティングをするのものよりも
タンパク質補給できるものがいいと思います。

並行してホームケアとしてアミノ酸系のシャンプー、シアバター配合の
トリートメントを使うべきだと思います。


毛髪は再生能力はないので、傷んだら基本的に終了です。
今はこれ以上傷ませない努力をしていきましょう!


2.ストレートパーマや縮毛矯正は絶対ダメ!!

髪の毛を元に戻そうとして
ストパーや縮毛矯正をさらにしようとする方も中にはいらっしゃいます。

ストパーや縮毛をやったらさらにダメージの原因になります。

また、見た目がストレートになってもダメージが大きい為、手触り等はどうなるかわかりません。


さらに負荷がかかってしまうストレートの施術は絶対にやめましょう!



3.ダメージ部分をカットする

これが一番手っ取り早い方法なのかなと思います。
さらに、保湿系のものではなく、栄養を与えるような補修の
インバス、アウトバス商品を使ってあげましょう。

髪に水分を入れるようなドライヤーもあるので、
そういったもので、少しずつカットしながら整えていきましょう!





いかがでしたか?

パーマをかけることはある程度髪の毛に負荷がかかるものですので
担当の美容師とよく相談してかけていきましょう!



KURAKUお悩み相談Vo l 64~前髪がうねってしまう!お悩みの方へ~

こんにちは!

MIRUCO マチダです!


KURAKUお悩み相談Vo l 64~前髪がうねってしまう!お悩みの方へ~の続きを読む

KURAKUお悩み相談Vo l 63~硬くて太くて量が多い方におすすめのシャンプー~

髪が硬くて太くて量が多いと髪がまとまりづらいですよね・・・

そんな方に髪がまとまりやすくなる方法を3つ紹介します。




①スタイリング剤を使う



スタイリング剤を使用することで髪の広がりを防いでくれます




②ドラーヤー前とドラーヤー後にヘアオイルを使用する



毎回ドライヤー前後にオイルを使用することで髪がまとまりやすくなります。

※オイルのつけすぎには注意してください。
 オイルを掌でしっかり伸ばして、毛先を中心につけて下さい。




③髪にあったシャンプーを使う

毎日使うものだからこそ、自分の髪にあったものを選びましょう。

市販のシャンプーはあまりおすすめしません。。。

サラサラタイプやしっとりタイプなどの区別はありますが、誰にでも使えるように作られています。

洗浄力が強すぎるので、頭皮がかゆくなったり、髪に必要な成分まで洗い流してしまったりします。

KURAKUで扱っているシャンプーで一番適しているシャンプーは、



アジュバンのPrutinum(プラチナム)というシャンプーです。

ダメージケア、まとまりに特化したシャンプー&トリートメントです。

シャンプー 300ml ¥2,860(税込)
トリートメント 250g ¥3,520(税込)

ぜひお試しください!!

KURAKUお悩み相談Vo l 57 ~ブリーチカラーの色味がすぐ抜けてしまう~

ブリーチカラーってかわいいですよね!!


透明感もしっかり出て高発色、トレンドカラーも


ブリーチカラーが多い中大学生や専門学生の方など特に


ブリーチカラーしてみたい!もしくは


今現在やってるよ!という方も多いのではないのでしょうか!



とってもかわいいカラーが出来るブリーチカラーですが


やはりデメリットもついてきてしまいます、、、、。


その中でもよくあるお悩みがせっかく色を入れたのに


あっという間に色が落ちてしまうというお悩みです!!


こちらのお悩みなのですがまずブリーチとは通常のカラーに比べ


かなりダメージをともなう施術になります。


ダメージと比例してどうしても色抜けは早くなってしまいます。。。


ではどうしようもないのでしょうか?


そんなことはありません!もちろんワンカラーに比べると抜けは早いですが


少しでも褪色を抑える方法をご紹介します!!!


まず一つ目が入れる色味の選定です!


今もなおアッシュカラーやグレージュカラーなどの寒色系が


流行っていますが色持ちを優先するのであれば暖色系のほうが


おすすめです!!


暖色カラーも沢山かわいい色味がありますよ!


色持ち優先するのであれば一度チャレンジしてみてもいいかもしれませんね!!


また、濃い目にカラーを入れてあげるのも一つの手段です!


明日、明後日にこの画像の色にしたい!!!など急を要さない場合は


目安の色味よりも濃く入れてあげて徐々に色落ちを楽しみ最終的に


目的の色味に持っていくという方法もあります!!


そしてカラー後に大事になるのはしっかりダメージケアを


することです!!ダメージケアをせずほおっておくと


ダメージ部分からどんどんカラーの色味は流れ落ちて行って


しまいます。


しっかりトリートメントなどで修復してあげて


カラーの色味の流出を防いであげましょう!!


ブリーチ後のカラーはどうしても抜けやすいです、、、




しかし対策はできるので色落ちが気になる方、


一度試してみては如何でしょうか!!!







このページのトップへ